• イベント
  • 自然エネルギー

国際シンポジウム
REvision2018:自然エネルギー大量導入が世界を変える

2018年3月7日

in English

国際シンポジウム REvision2018:自然エネルギー大量導入が世界を変える

自然エネルギー財団は、3月7日に国際シンポジウム「REvision2018:自然エネルギー大量導入が世界を変える」を開催いたしました。

太陽光や風力発電は、すでに世界の多くの国や地域で火力や原子力発電より安価なエネルギー源になっています。大量の導入が進む中で、脱炭素をめざす新たなビジネスを生み出し、電力会社のありかたを変えています。

今回のREvision2018では、国際再生可能エネルギー機関などからのエネルギー専門家だけでなく、世界のエネルギービジネスの最前線で活躍する電力会社や企業から多くのスピーカーをお招きしました。さらに世界の変化を受け、日本からどのような新たなエネルギービジネスを展開するかも考えました。

見どころはこちら

プログラム(敬称略)

  内容
午前(10:00-12:30)

開会挨拶:
トーマス・コーベリエル
自然エネルギー財団 理事長

来賓挨拶:
河野 太郎 外務大臣
関連リンク:外務省(ご挨拶テキスト

基調講演:
ダナ・リード・ヤンガー
国際金融公社(世界銀行グループ)グローバル・インフラストラクチャー・天然資源部門 再生可能エネルギースペシャリスト  資料DL

セッション1 加速する世界の自然エネルギー拡大
モデレーター トーマス・コーベリエル
自然エネルギー財団 理事長
ドルフ・ギーレン
国際再生可能エネルギー機関 (IRENA) イノベーション・テクノロジーセンター(IITC)センター長  資料DL
ルッジェーロ・アリコ
エネル・グリーンパワー社 関連機関・国際渉外統括(欧州、北アフリカ、サブサハラアフリカ、アジア、オーストラリア)  資料DL
リー・ジュンフェン
中国国家気候変動戦略研究・国際協力センター 教授  資料DL
三輪 茂基
ソフトバンクグループCEOプロジェクト室長 / SBエナジー 代表取締役社長  資料DL

午後(14:00-18:00)

セッション2 変動型自然エネルギーがもたらす電力ビジネスの変革
モデレーター 大林 ミカ
自然エネルギー財団 事業局長
ティエリー・ルペック
エンジー社 副社長 研究・技術・イノベーション担当
カルロス・ガスコ・トラヴェセド
イベルドローラ社 国際企業担当 上級アドバイザー  資料DL
バート・マエス
ネモ・リンク社 共同CEO&ユーログリッド・インターナショナル CEO(エリアグループ)/アンパシモン社 取締役会長  資料DL
リリー・ドンジ
ロッキー・マウンテン研究所 ビジネス再生可能エネルギーセンター 主幹  資料DL

セッション3 太陽と風力を日本のグリッドに
モデレーター 大野 輝之
自然エネルギー財団 常務理事  資料DL
一木 修
株式会社資源総合システム 代表取締役  資料DL
大西 英之
GEリニューアブルエナジー 北アジア代表  資料DL
加藤 茂夫
株式会社リコー 執行役員/サステナビリティ推進本部長/市場開発センター所長  資料DL
朝日 弘美
日産自動車株式会社 企画・先行技術開発本部 技術企画部 エキスパートリーダー  資料DL
髙科 淳
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長  資料DL

閉会の辞:
末吉 竹二郎
自然エネルギー財団 副理事長

イベント詳細

日時 2018年3月7日(水)
午前の部 10:00~12:30
午後の部 14:00~18:00
会場 イイノホール
主催 公益財団法人 自然エネルギー財団
後援 外務省、農林水産省、経済産業省、環境省
参加登録・参加費 無料(要事前登録・先着順)

過去の開催

お問合せ

外部リンク

  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织