• イベント
  • 自然エネルギー
  • アジア国際送電網

自然エネルギー財団 設立5周年記念シンポジウム
世界中の電力網に自然エネルギーをつなぐ -「脱炭素の時代」へ急転換する世界のビジネス-

2016年9月9日

登壇者集合写真 登壇者集合写真 登壇者集合写真

当シンポジウムは9月9日(金)に終了いたしました。お忙しい中ご参加いただき誠にありがとうございました。
当日の資料及び録画は、本ページ下のプログラムに掲載しています。

プログラム

登壇者名をクリックすると、プロフィールをご覧いただけます。

内容
オープニング
開会挨拶
 トーマス・コーベリエル 資料DL
 自然エネルギー財団 理事長
講演「革命的な電力事業の未来」
 エイモリー・B・ロビンス 資料DL
 ロッキー・マウンテン研究所
 共同設立者・チーフサイエンティスト・名誉会長

PART Ⅰ 脱炭素をめざすアジア
ウエルカムスピーチ
孫 正義 資料DL
自然エネルギー財団設立者・会長
ソフトバンクグループ代表
「グローバル・エナジー・インターコネクション構想」
リュウ・ゼンヤ
グローバル・エネルギー・インターコネクション発展協力機構
(GEIDCO)会長、中国電力企業聯合会(CEC)理事長
中国国家電網公司 (SGCC)前会長
「北東アジア電力連系線構想」
チョ・ファンイク 資料DL
韓国電力公社 社長
「世界的エネルギー転換の現状」
マイケル・リーブレック 資料DL
ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス
創設者・諮問委員会議長
オレグ・ブダルギン
OJSC Rosseti 社長
【ディスカッション】自然エネルギー拡大を加速し、世界の送電網に大量導入するために
孫正義、リュウ・ゼンヤ、チョ・ファンイク
マイケル・リーブレック、エイモリー・B・ロビンス
(モデレーター:トーマス・コーベリエル)

PART Ⅱ エネルギー転換で実現する100年続くビジネス
「化石燃料から自然エネルギーにむかうファイナンスの新潮流」
末吉 竹二郎 資料DL
自然エネルギー財団副理事長
国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問
「パリ協定で変わる世界経済」
ジェレミー・レゲット 資料DL
ソーラーセンチュリー創立者
カーボン・トラッカー・イニシアティブ代表
「グループシンクからイノベーションへ:100年続くビジネスへの示唆」
黒川 清 資料DL
政策研究大学院大学客員教授
「嵐の中のエネルギー戦略」
田中 伸男 資料DL
笹川平和財団理事長/国際エネルギー機関元事務局長
「脱炭素経済に向けたビジネスの動向」
ドルテ・フーケ 資料DL
ベッカー・ビュトナー・ヘルド パートナー/弁護士
【ディスカッション】脱炭素社会の構築に向けたビジネスの役割はなにか
ジェレミー・レゲット、黒川 清、田中 伸男、ドルテ・フーケ
(モデレーター:末吉竹二郎)

PART Ⅲ 地域からのエネルギー転換 -自然エネルギー協議会・指定都市 自然エネルギー協議会 設立5周年記念セッション-
「bコミュニテイから地球をなおす」
デヴィッド・スズキ 資料DL
デヴィッド・スズキ財団 共同設立者/生物学者
「自然エネルギー100%に向けたハワイの挑戦」
マーク・B・グリック 資料DL
ハワイ州エネルギー局長
地域からのエネルギー転換:徳島県の取り組み
飯泉 嘉門 資料DL
徳島県知事、自然エネルギー協議会会長
地域からのエネルギー転換:京都市の取り組み
門川 大作 資料DL
京都市長、指定都市自然エネルギー協議会会長
【ディスカッション】地域から安全・平和なエネルギー転換を実現するには
孫正義、デヴィッド・スズキ、マーク・B・グリック
飯泉 嘉門、門川 大作
(モデレーター:高橋洋 都留文科大学社会学科教授)

自然エネルギー財団が創設された2011年以来、世界でも日本でも、自然エネルギーは大きく成長してきました。本シンポジウムでは、この5年間の変化を明確に示すとともに、昨年のCOP21で世界が合意した脱炭素社会の実現に向け、自然エネルギーが果たすべき役割を明らかにします。
また、本格的な自然エネルギーの拡大が始まったアジアに焦点をあて、国際的な電力ネットワーク構築の意義と実現への道筋を示します。

イベント詳細

日時 2016年9月9日(金) 9:30~18:00 (開場 8:45)
会場 東京国際フォーラム ホールB7 アクセス
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
主催 公益財団法人 自然エネルギー財団
後援 環境省、農林水産省、外務省
言語 日英同時通訳あり
参加費 無料(事前登録が必要です)

お問合せ

外部リンク

  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织