• イベント・動画
  • 自然エネルギー

国際シンポジウム
REvision2015
自然エネルギー拡大のための日本の挑戦

2015年3月4日

発言の要点は、こちらの登壇者インタビュー動画でご覧いただけます。

  • アデア・ターナー卿
  • アリ・イザディ
  • スティーヴ・ソーヤー
  • トム・ブラウン
  • アレクサンドル・ロシュ
  • ドルテ・フーケ
  • 高橋 洋
  • ジョン・A・マシューズ
  • エリック・マーティノー
  • ハンス・マーティン・ヘニング
  • トーマス・コーべリエル
  • 大野 輝之
  • 大林 ミカ

当シンポジウムは3月4日(水)に終了いたしました。お忙しい中ご参加いただき誠にありがとうございました。

プログラム(敬称略)

登壇者名をクリックすると、プロフィールをご覧いただけます。

内容

開会の辞
孫 正義(ビデオメッセージ)
自然エネルギー財団設立者・会長 資料DL
トーマス・コーベリエル
自然エネルギー財団理事長

基調講演:気候変動危機とわれわれの選択
アデア・ターナー卿
新経済思考研究所(INET) シニアフェロー 資料DL

セッション1
世界における自然エネルギーの拡大と日本

モデレーター:アリ・イザディ
ブルームバーグ・ニュー・エナジー・
ファイナンス日本代表

スティーヴ・ソーヤー
世界風力エネルギー会議 事務局長
資料DL
大西英之
GEインターナショナル・インク
GEパワー&ウォーター日本代表
資料DL
高本学
日本風力発電協会代表理事 資料DL
鈴木伸一
太陽光発電協会事務局長 資料DL

(昼食休憩)

セッション2
電力市場における自然エネルギー大量導入に向けた政策と日本の課題

モデレーター:大林ミカ
自然エネルギー財団事業局長 資料DL

トム・ブラウン
エナジーノーティックス社 上級研究員 資料DL
アレクサンドル・ロシュ
欧州太陽光発電産業協会 政策局
規制関連業務部長 資料DL
ドルテ・フーケ
ベッカー・ビュトナー・ヘルド
弁護士・パートナー 資料DL
高橋洋
富士通総研 経済研究所 主任研究員 資料DL

セッション3
未来を見据えた持続可能な「エネルギー・ミックス」

モデレーター:トーマス・コーベリエル
自然エネルギー財団理事長
スウェーデン・チャルマース工科大学教授

大野輝之
自然エネルギー財団常務理事 資料DL
ジョン・A・マシューズ
オーストラリア・マッコーリー大学経営大学院教授 資料DL 資料DL
エリック・マーティノー
北京理工大学教授 資料DL
ハンス・マーティン・ヘニング
フラウンホーファー ISE 副所長 資料DL

閉会の辞
末吉竹二郎 自然エネルギー財団副理事長

レセプション

公益財団法人 自然エネルギー財団は、2015年3月4日(水)に、国際シンポジウム「REvision2015 自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」を内幸町・イイノホールにて開催いたします。

COP21の開催を年末に控え、野心的な気候変動政策と自然エネルギー目標が国際的にも期待される中で、日本がどのような自然エネルギー政策を進めていくべきか、内外の専門家の方々とともに議論します。

また、現在日本の自然エネルギーが直面する大きな政策課題である、変動型自然エネルギー電源の系統への導入とともに、あるべき固定価格買い取り制度のあり方、野心的な自然エネルギー目標の実現可能性等を、海外の例もご紹介しながら討議します。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

イベント詳細

日時 2015年3月4日(水)
10:00-17:40(開場9:30)*日英同時通訳あり
会場 イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1 アクセス
主催 公益財団法人 自然エネルギー財団
後援 環境省、経済産業省、農林水産省、外務省
参加費 無料 (事前予約が必要となります)

お問合せ

外部リンク

  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织