自然エネルギー財団プレスリリース
書籍出版のお知らせ「自然エネルギーQ&A」(岩波ブックレット)

2013年10月4日(金)に、公益財団法人 自然エネルギー財団編 「自然エネルギーQ&A」(岩波ブックレット、発行:岩波書店、定価:525円)が、出版されます。
自然エネルギーへの期待が高まる中、自然エネルギーへの“バッシング”も始まっています。なかには、科学的な根拠を伴わない風説や、海外の事例を意図的に歪曲して伝える報道もあり、自然エネルギーが重要な役割を本当に担えるのかどうか、不安な声もお聞きします。

そこで本書では、典型的な八つの疑問に、第一線の研究者がお答えします。

ぜひ、本書を広くご紹介いただけますよう、よろしくお願いいたします。
著者への取材・インタビューも受け付けております。

「自然エネルギーQ&A」紹介ページ

「自然エネルギーQ&A」目次

まえがき 自然エネルギー普及の機は熟している トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長
Q1 自然エネルギーって、何ですか? 大林ミカ 自然エネルギー財団事業局長
Q2 コストが高いのでは? 大島堅一 立命館大学教授
Q3 お天気まかせで不安定な電源なのでは? 斉藤哲夫 日本風力発電協会企画局長
Q4 環境影響や健康被害はないの? 丸山康司 名古屋大学大学院環境学研究科准教授
飯田哲也 環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長
Q5 ドイツで電気料金が高騰していると聞きましたが? 木村啓二 自然エネルギー財団上級研究員
Q6 自然エネルギーの大量導入は難しいのでは? 高橋洋 富士通総研主任研究員
Q7 ビジネスとして成り立つのですか? 河口真理子 大和総研主席研究員
Q8 社会はどのように変わりますか? 飯田哲也 環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長
あとがき 自然エネルギーという「夢」を確かなものに 大野輝之 自然エネルギー財団事務局長、前東京都環境局長
(全64ページ)

お問い合わせ

公益財団法人  自然エネルギー財団  古山葉子、小川真由
TEL:03-6895-1020 / FAX: 03-6895-1021
E-mail: info※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信下さい)