Expart

Karsten Sach

カーステン・ザッハ
Karsten Sach
ドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉
安全省 欧州および国際政策局 副局長
www.bmub.bund.de

1959年生まれ。2004年よりドイツ連邦環境・自然保護・建設・原子炉安全省(BMUB)の欧州および国際政策局の副局長。1991年に環境省に入省、「海洋環境保護および水質保護に関する国際法」部に2年間所属。その後4年にわたり、ブリュッセルにて欧州連合ドイツ政府代表部の環境担当を担った。1998-1999年、「国際協力、国家間協定、気候変動」部副部長、続けて同部長を5年間務め、現在に至る。

1999年以来、気候変動枠組条約締約国会議(UNFCCC-COP)におけるドイツ政府の交渉責任者を務めている。

2008年9月から2014年8月まで、欧州環境庁(EEA)の主要な意思決定機関である運営委員会の議長を務めた。

氏は国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の設立にも参加。IRENA設立の準備期間である2009-2011年には監理委員会の議長、2013年6月から2014年5月までは評議会の議長を務めた。

キールとフライブルクで法律を学び、法学の博士号を取得。環境及び経済法を教えた経験を有する。

一覧ページに戻る