Expart

Gauri Singh

ガウリ・シン
Gauri Singh
国際再生可能エネルギー機関(IRENA) 各国支援・パートナーシップ(CSP) ディレクター
www.irena.org

ガウリ・シンは、2011年に国際再生可能エネルギー機関(IRENA)に加わり、様々な国との連携を取ってきた。彼女が所属する部門は、国家および地域による再生可能エネルギーの戦略の作成と実施の支援を行っている。この活動は、国や地域の最良事例の交換を促すべく、それぞれのニーズ、経験、および動向の体系的概要を把握し、IRENAの今後の活動内容の優先順位を方向付けている。この部門はまた、再生可能エネルギーに関する政策評価を担っている。国家主導の、再生可能エネルギー技術の展開へ向けた即応性を高めると同時に、主な障壁を克服するため、課題と解決策を特定し、その国における再生可能エネルギー利用状況の全体的評価を行っている。また、各国の能力開発の努力を先導する。

2007年から2010年まで、シン氏はインドの新・再生可能エネルギー省の局長を務めた。職責は政策立案と国際連携など。2020年までに20,000 MWの太陽光発電を導入するというナショナル・ソーラー・ミッションの政策的枠組みの作成と実施を担当した。外国直接投資企業と独立系事業者に均等な機会を構築する結果となった、風力発電の年間設備容量を2倍にするための政策の責任者を務めた実績も持つ。再生可能エネルギーシステムの利用を引き上げるためのオフグリッド政策のパラダイムシフトを導いた政策的枠組みの作成に携わり、また再生可能エネルギー認証の枠組みの設計も担当した。

シン氏はデリー大学の経済学学士号、およびマーケティングと金融論のMBA(経営学修士)を取得している。

一覧ページに戻る