Expart

Michael Rogol

マイケル・ロゴル
Michael Rogol
PHOTONコンサルティング社 CEO
www.photonconsulting.com
www.next1000days.com

マイケル・ロゴルはPHOTONコンサルティング社のCEO(最高経営責任者)である。マッキンゼー・アンド・カンパニー、マサチューセッツ工科大学(MIT)エネルギー・環境研究所、ケンブリッジ・エネルギー研究協会、およびワシントン・ポリシー・アナリシス社といった、エネルギーの分野で影響力のある組織・団体と20年以上にわたり連携し、仕事をしてきた経験を持つ。また同氏は、エネルギー分野の最新動向を中心に扱う、太陽光発電業界の第一人者である。

太陽光の分野では、アドバイザー兼コンサルタントとして、数多くの企業のCEOや理事と連携し、高い信頼を得ている。一部の太陽光関連会社ときめ細かい関わりをもっているだけでなく、太陽光発電の分野で最も広く注目されるアナリストである。また、1,000以上の太陽光発電企業の国際評価に基づいた、太陽光に関する多数の詳細なリサーチレポートの主執筆者である。「Solar Annual 2015: Hunger Games」と題された彼の新しいレポートは、世界中で行われているローカルエネルギー市場支配のための熾烈な戦いを詳細に分析している。近著『Explosive Growth: Reshaping Energy and Infrastructure In The Next 1,000 Days』をもとに、公共テレビ放送の全米組織PBSによって、ドキュメンタリー・フィルム『The Next 1,000 Days』が制作された。

エネルギー以外にも、政治や、エンターテインメントといった分野でも仕事をしてきた。アジアの若者文化のドキュメンタリー・フィルムシリーズ「20 20 20」のプロデューサー、および韓国のテレビネットワーク大手KBSによるゴールデンアワー番組のホストを務めている。

学問の分野では、マサチューセッツ工科大学にてシステム工学の修士号とMBA(経営学修士)、およびジョージタウン大学にて外交の理学士号を取得。また、ヘンリー・ルース財団の東アジア奨学生として韓国に派遣された経歴を持つ。

一覧ページに戻る