Expart

Lutz Mez

ルッツ・メッツ
Lutz Mez
ベルリン自由大学政治社会科学部 准教授
www.fu-berlin.de/en/einrichtungen/fachbereiche/interdisziplin_einr/bccare/index.html

ルッツ・メッツは、ベルリン自由大学にて、政治学学位と社会学博士号、および政治学のstate doctorateを取得した。1986年4月、同氏は環境政策研究センターの共同設立に携わり、2010年までセンター長を務めた。2009年11月からは ベルリン自由大学カスピ海地域研究センターのコーディネーターを務める。主要研究分野は、特に原子力と電力政策に関連した環境・エネルギー政策比較である。この分野にまつわる多数の本を編集し、膨大な数の学術論文執筆や国際的に編纂される本への寄稿を行ってきた。

同氏はまた、REFORMグループ(Restructuring Energy Systems For Optimal Resource Manage-ment)の設立メンバーである。このグループは東西ヨーロッパ、米国、ブラジル、インド、そして日本の科学者とコンサルタントからなる非公式グループで、エネルギーシステム、エネルギー計画、およびエネルギー政策の政治的転換について分析している。同グループは電力・ガス市場の変容と市場規制に関して多くの本を出版してきた。1995年より、REFORMグループは、オーストリアのシュロスレオポルズクロンにて年次会議を開催している。

一覧ページに戻る