連載コラム 自然エネルギー・アップデート

日本における太陽光発電:ボトムアップからの分析 英語オリジナル

2014年2月21日 マイケル・ロゴル PHOTONコンサルティング代表

トップダウンで見ると、日本の太陽光発電業界は健全な市場であると言える。年間の総売上高は2008年の10億ドルから、2010年には60億ドル、そして2012年には100億ドルにまで増加した。2013年には著しく成長し、総売上高は250億ドルに及び、2014年には280億ドルに達すると予想される。これは2014年には日本の人口ベースでみると一人あたり約220ドルの支出となり、2008年の12ドルから大きく増加している。太陽光発電は、日本経済の中で最も大きな支出区分であると考えられる。

日本における太陽光発電:ボトムアップからの分析