ディスカッション・ペーパー「日本の陸上風力発電コストの現状と分析」

風力発電は、世界的にはコスト低減が進み、自然エネルギー拡大の旗手になっていますが、日本では、まだまだ導入が遅れています。
日本には大きな資源量があり、今後、自然エネルギーを増やしていくためには、その可能性を最大限に活用していくことが必要です。
このレポートでは、今後の風力開発の参考とすべく、日本における陸上風力発電のコストが、世界のコストと比べてどのような水準
になっているのか、そしてその違いがどういった要因から来ているのかについて分析し、今後のコスト削減と競争力強化への要因分析と
研究課題の抽出を試みています。
なお、執筆・取りまとめにあたり、風力事業関係者にご協力いただいています。