COP23サイドイベント開催
北東アジア地域におけるエネルギー転換と低炭素化に向けた取り組み
2017年11月7日

公益財団法人 自然エネルギー財団は、2017年11月6日~17日にドイツのボンで開催される国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)で、公式サイドイベントを開催します。

「Energy transition and low carbon developments in North East Asia(北東アジア地域におけるエネルギー転換と低炭素化に向けた取り組み)」と題したこのサイドイベントは、中国の清華大学、韓国の気候変動センター(Climate Change Center)と自然エネルギー財団が共催で11月7日(火)に行うもので、1)エネルギー転換と低炭素化の施策の現状、2)機会と課題、3)国内政策、その他の取組みや活動、というテーマを軸に、各国の状況を報告します。中国、韓国、日本に代表される北東アジア地域のエネルギー転換の現状を紹介しつつ、脱炭素社会に向けた課題や取り組み等を専門家、研究者、ステークホルダーと共に議論し、アジアで動き始めたエネルギー転換、気候変動対策を一層活性化するための方策を探ります。

日時 :

2017年11月7日(火) 15:00~16:30

会場 :

COP23会場 ボン・ゾーン(Bonn Zone)内 Meeting Room 9

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団
清華大学(中国)
韓国気候変動センター(Climate Change Center, South Korea)

参加条件 :

COP23ボン・ゾーンへの入場は、UNFCCCへの事前登録が必要です

プログラム 

内 容
【開会】
清華大学、自然エネルギー財団よりご挨拶
【現状報告】
中国におけるエネルギー転換と低炭素化の施策の現状(Zhou Jian 清華大学 准教授)
韓国におけるエネルギー転換と低炭素化の施策の現状(Joojin Kim 韓国気候変動センター 政策企画委員、Solutions for Our Climate (SFOC) マネージング・ディレクター)
日本におけるエネルギー転換と低炭素化の施策の現状(西田裕子 自然エネルギー財団 気候変動グループマネージャー)
【パネルディスカッション】
Duan Maosheng 清華大学カーボンマーケットセンター ディレクター

Duan Fengjun キャノン・インスティテュート・フォー・グローバル・スタディズ (CIGS) シニア・リサーチフェロー

Joojin Kim 韓国気候変動センター 政策企画委員、Solutions for Our Climate (SFOC) マネージング・ディレクター

西田裕子 自然エネルギー財団 気候変動グループ マネージャー


お問合せ