国際シンポジウム
「ドイツ発のエネルギー大転換 - 経済的価値とエネルギー安全保障」

当シンポジウムは5月26日(火)に終了いたしました。お忙しい中ご参加いただき誠にありがとうございました。


2014年、ドイツの自然エネルギー供給は約3割に達しました。ドイツは、2025年に40-45%という目標に向けて、さらに自然エネルギーを拡大していく政策を進めています。しかし、日本で報道されるドイツの状況は、「ドイツでは自然エネルギーの普及で電気代が2倍になった」、「自然エネルギーを増やしていけるのはドイツが隣国とつながっているからできることだ。日本では無理」など、誤解に基づいたものもあります。
ドイツ再生可能エネルギー協会の代表、ヘルマン・ファルク博士が、ドイツの自然エネルギー事情についてお話します。

日時 :

2015年5月26日(火)※日英逐次通訳付き(英語から日本語のみ)
午前10:30 - 12:30 (10:00受付開始・開場)

会場 :

東京国際フォーラム ガラス棟会議室G602 【MAP】
東京都千代田区丸の内3-5-1
※会場のあるガラス棟会議室へは、ガラス棟B1Fロビー中央の総合案内所うしろのエレベーターで
 6Fまでお上がりください。地上フロアからお越しの方は、ガラス棟入口入ってすぐのエスカレーターで
 B1Fに降りてからエレベータをご利用いただくのが便利です。
有楽町駅より徒歩1分、東京駅より徒歩5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
東京メトロ有楽町線有楽町駅D5出口より徒歩1分(B1F地下コンコースにて連絡)
日比谷線:銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団

入場料 :

無料


プログラム(敬称略) :

2015年4月27日現在
時間 内容
10:30
開会の辞
10:35-11:35
講演 「ドイツ発のエネルギー大転換 - 経済的価値とエネルギー安全保障」
ヘルマン・ファルク資料DL
ドイツ再生可能エネルギー協会(BEE)代表
11:35-12:30
質疑応答
12:30
終了


プロフィール
Dr.HermannFalk
ヘルマン・ファルク博士
ドイツ再生可能エネルギー協会(BEE) 代表
ドイツの再生可能エネルギー業界を統括し、30,000を超える個人・企業をまとめるドイツ再生可能エネルギー協会(BEE)の代表。2013年2月の協会代表就任以前は、ドイツ財団連盟副事務局長およびドイツ慈善財団連盟代表を兼任。2002年以降、ドイツの大手自然エネルギー電力会社ナトゥアシュトローム(自然電力)社の監査委員長も務める。1996年自家発電について法学博士号を取得、経済顧問弁護士としても活躍中。


お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-3 ルネパルティーレ汐留3F
TEL: 03-6895-1020 / FAX: 03-6895-1021
URL: http://www.renewable-ei.org/
E-mail: conference※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信下さい)