国際シンポジウム
REvision2014 -「エネルギー大転換」と日本の進路

REvision2014 登壇者集合写真
REvision2014 登壇者


当シンポジウムは2月25日(火)に終了いたしました。お忙しい中ご参加いただき誠にありがとうございました。

 東日本大震災から3年。世界では多くの国や地域で、自然エネルギーと分散型電力の導入が加速し、より安全で持続可能なエネルギーシステムへの転換が進んでいます。しかし、福島第一原発事故の惨禍を踏まえ、最も根本的なエネルギー政策の変更が求められる日本では、改革の停滞や逆行の動きも見られます。REvision 2014は、欧州や米国などで進む「エネルギー大転換」の最新の動向を紹介し、日本のなすべき選択について考えます。


日時 :

2014年2月25日(火) 9:30-17:10 (開場 9:00)

場所 :

イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1
アクセス:http://www.iino.co.jp/hall/access/

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団

後援 :

外務省、経済産業省、環境省、農林水産省

報告資料

プログラム(敬称略) :

登壇者名をクリックすると、プロフィールをご覧いただけます
英語の動画は、こちらでご覧いただけます http://jref.or.jp/en/activities/events_20140225.php
時間 内容
9:30 - 9:50
開会の辞
孫 正義(ビデオメッセージ) 自然エネルギー財団設立者・会長 トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長
9:50 - 10:30
基調講演
ピーター・ブラッドフォード バーモントロースクール教授資料DL
10:30 - 11:00
講演
ステファニー・プファール ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省
講演資料テキスト資料
11:05 - 12:30
セッション 1  自然エネルギーの国際潮流
モデレーター:大林 ミカ 自然エネルギー財団事業局長資料DL
フーゴ・ルーカス 前国際再生可能エネルギー機関(IRENA) 情報・政策・財政局(KPFC)局長資料DL ジェン・ダン 中国再生可能エネルギー産業協会 (CREIA) 政策研究スペシャリスト資料DL ライナー・ヒンリックス・ラールウェス 欧州再生可能エネルギー評議会(EREC)会長
資料DL
クラウス・ラーヴェ 世界風力エネルギー会議会長資料DL
14:00 - 15:30
セッション2 分散型電源が変える世界の市場
モデレーター:大野 輝之 自然エネルギー財団常務理事
エリック・マーティノー 自然エネルギー財団上級政策アドバイザー
資料DL
フレッド・ベルプルンド デンマーク・オールボー大学教授資料DL マイケル・ロゴル PHOTONコンサルティング代表資料DL 高橋 洋 富士通総研主任研究員資料DL
16:00 - 17:00
座談会「エネルギー政策と日本の新しい夜明け」
モデレーター:トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長
デヴィッド・スズキ デヴィッド・スズキ財団共同設立者 黒川 清 政策研究大学院大学アカデミックフェロー
映像資料
神野 直彦 地方財政審議会会長
17:00 - 17:10
閉会の辞
末吉 竹二郎 自然エネルギー財団副理事長


お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-3 ルネパルティーレ汐留3F
TEL: 03-6895-1020 / FAX: 03-6895-1021
URL: http://jref.or.jp/
E-mail: conference※jref.or.jp (※を@(半角)にして送信下さい)