国際シンポジウム
日本とドイツのエネルギーシフト-日独協力の課題と展望

国際シンポジウム
日本とドイツのエネルギーシフト-日独協力の課題と展望

プログラム

公開パネルディスカッション

 全体司会:大林ミカ(自然エネルギー財団 ディレクター)
時間 内容
18:00 – 18:15
開会の辞
フォルカー・シュタンツェル
駐日ドイツ連邦共和国大使
18:15 – 20:00
公開パネルディスカッション
日本とドイツのエネルギーシフト:日独協力の展望
福山哲郎
(参議院議員、前官房副長官) 佐藤栄佐久
(前福島県知事) 高橋洋
(富士通総研) トルステン・シェーファー-ギュンベル
(ヘッセン州社会民主党 州議会会派代表) ハンス−ヨアキム・ツィージング
(環境・気候変動コンサルタント)
モデレーター
飯田哲也
(環境エネルギー政策研究所)

専門家会議(非公開)

時間 内容
13:00 – 13:15
開会の挨拶
トルステン・シェーファー-ギュンベル
(ヘッセン州社会民主党 州議会会派代表) スヴェン・サーラ
(フリードリヒ・エーベルト財団 東京事務所代表) ゲアハルト・ヴィースホイ
(日独産業協会/DJW 理事長)
13:15 - 13:45
提言

インプット 1: 日本の脱原発とエネルギーシフト

大林ミカ
(自然エネルギー財団 ディレクター)

インプット2:ドイツの脱原発とエネルギーシフト

ハンス−ヨアキム・ツィージング
(環境・気候変動コンサルタント)
13:45-14:00
コーヒーブレイク
14:00 – 15:15
パネル1:日本とドイツのエネルギーシフトの社会的・政治的課題-共通点、相違点、対応策
飯田哲也
(環境エネルギー政策研究所) 佐藤栄佐久
(前福島県知事) レギーネ・ギュンター
(WWF ドイツ 気候・エネルギー政策担当長)
ディスカッション
モデレーター
河口真理子
(大和総研)
15:15-15:30
コーヒーブレイク
15:30 – 16:45
パネル2:日本とドイツのエネルギーシフトにおける技術・財政面の課題-共通点、相違点、対応策
ファビオ・ロンゴ
(弁護士、EUROSOLAR Germany理事会員) 河口真理子
(大和総研) ヴェルナー・ゲンター
(復興金融公庫 /KfW) 高橋洋
(富士通総研)
ディスカッション
モデレーター
(交渉中)
16:45 – 17:15
総括
日独エネルギーパートナーシップ締結の可能性
ハンス−ヨアキム・ツィージング
(環境・気候変動コンサルタント) 大林ミカ
(自然エネルギー財団 ディレクター)
17:15 – 18:00
コーヒーブレイク