国際シンポジウム
REvision2013 - 新しい自然エネルギーの未来を創造する

国際シンポジウム
REvision2013 - 新しい自然エネルギーの未来を創造する

日時

2013年2月26日(火)

会場

イイノホール    (東京都千代田区内幸町2-1-1)
アクセス:http://www.iino.co.jp/hall/access.html

主催

公益財団法人 自然エネルギー財団

後援

外務省、環境省、農林水産省、経済産業省

入場料

無料
    2011年の震災以来、新しいビジネス投資、国政、自治体など、エネルギー政策を巡る議論が様々なレベルで行われ、将来の環境エネルギーについての「国民的議論」、固定価格制(FIT)の導入など、自然エネルギー促進の合意が多くの人々に共有されています。
    自然エネルギーを拡大するためには、市場を牽引する政策と同時に、現システムを再構築する必要があります。新しい電力システムを構築し、自然エネルギー電力を10年で5%から25%に高めたドイツ。各国間の透明な市場を牽引しながら、自然エネルギーの割合を、一次エネルギーで49%、電力で69%に高めてきたスウェーデン。FIT導入から8カ月、日本での自然エネルギー市場のバリア、現状、将来の飛躍について考えます。
  • (英語音声付の映像はこちらから)
時間 内容(日英同時通訳あり)
※登壇者の名前をクリックすると詳細プロフィールが確認できます。
9:30~10:40
開会の辞&基調講演
会議録
トーマス・コーベリエル
(自然エネルギー財団理事長) 孫 正義    ※ビデオ メッセージ
(自然エネルギー財団設立者・会長) エイモリー・B・ロビンス資料DL
(ロッキーマウンテン研究所 共同創設者・会長・チーフサイエンティスト) 高原一郎資料DL
(資源エネルギー庁長官) ハラルド・ナイツェル資料DL
(ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省KIII3部副部長)
10:50~11:50
セッション1:
日本の状況 - FIT以前と以降 太陽光、風力、地熱、バイオマス、日本の自然エネルギー産業から
会議録

太陽光

貝塚泉資料DL
(株式会社資源総合システム  調査事業部 部長)

風力

永田哲朗資料DL
(株式会社ユーラスエナジーホールディングス 相談役)

バイオマス

梶山恵司資料DL補足資料DL (富士通総研上席主任研究員)

地熱

江原幸雄資料DL補足資料DL (地熱情報研究所代表、九州大学名誉教授)
モデレーター
大林 ミカ(自然エネルギー財団ディレクター)
11:50~12:40
セッション2:
日本の自然エネルギー:コスト - バリアと規制
会議録
中村有吾資料DL
(ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス リードアナリスト)
ハビエル・サンミゲル・アルメンダリス資料DL
(スペイン国立再生可能エネルギーセンター 戦略ビジネス開発部長)
モデレーター
大林 ミカ(自然エネルギー財団ディレクター)
14:00~16:10
セッション3:
電力システム改革 - 各国の事例と日本が学ぶこと
会議録
ミカエル・オーデンバーリ資料DL
(スベンスカ・クラフトナット(スウェーデン国有送電会社)社長兼CEO)
- 国有送電網と競争的電力市場 - 風力発電の爆発的普及 -
ボリス・シュヒト資料DL
(50ヘルツ(ドイツ送電会社)CEO)
- 自然エネルギー時代の電力産業 - 発送電分離は新しい世界の始まり -
アンネグレート・グレーベル資料DL
(ドイツ・連邦ネットワーク庁第3局長) - 独立規制機関の必要性とドイツのシステム改革の成功 -
高橋洋資料DL
(富士通総研主任研究員)
ディトレヴ・エンゲル
(ヴェスタス 社長兼CEO)
モデレーター
トーマス・コーベリエル
(自然エネルギー財団理事長)
16:30~17:30
セッション4:
自然エネルギーの将来、エネルギーの将来
会議録
スティーブ・ソーヤー資料DL
(世界風力会議事務局長)
トーマス・コーベリエル
(自然エネルギー財団理事長)
モデレーター
エリック・マーティノー資料DL
(環境エネルギー政策研究所研究部長)
17:30~17:40
閉会の辞
会議録
末吉竹二郎
(自然エネルギー財団副理事長、国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問)

お問い合わせ

公益財団法人    自然エネルギー財団
E-mail: conference@renewable-ei.org ※@を半角にして送信下さい