固定価格買取制度に係る国際ワークショップ 開催

自然エネルギー財団(JREF)と環境エネルギー政策研究所(ISEP)では、来年7月より施行される固定価格買取制度(FIT)について、国内外の専門家と連携し、自然エネルギーの普及促進につながる政策提言を行うべく調査研究を進めておりますが、2011年12月に、欧州のFIT専門家を招き、国際ワークショップを開催致しました。 経済産業省の担当者より最新動向をご報告頂いた後、ドイツ、カナダのFIT専門家より日本の制度設計における留意点についてコメント頂きました。

また、パネルディスカッションでは国内外の専門家による示唆に富んだ議論が繰り広げられました。 なお、本ワークショップの結果を踏まえて、政府に対する提言書をまとめる予定です。


開催日時

2011年12月8日(木)13:00 ~ 16:00

開催場所

東京国際交流館 3F 「メディアホール」 (東京都江東区青海2-2-1)

プログラム

12:30 開場
13:00~13:10
開会の挨拶・財団のご紹介
トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長
13:10~13:30
再生可能エネルギーの
固定価格買取制度について
安田 將人(やすだ まさと)資料DL 経済産業省
資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
新エネルギー対策課RPS室・再生可能エネルギー推進室 室長補佐
13:30~14:15
海外専門家より日本の
制度設計に対するコメント
ドルテ・フーケ(博士)資料DL 欧州再生可能エネルギー連盟/弁護士
トビ―・クーチュール資料DL E3 Analyticsエネルギー分析部門長・マネージャー
14:15~14:30
固定価格買取制度の
制度設計におけるポイント(JREF/ISEP)
飯田 哲也資料DL 環境エネルギー政策研究所所長
14:30~15:50
パネルディスカッション
ドルテ・フーケ(博士) 欧州再生可能エネルギー連盟/弁護士
トビ―・クーチュール E3 Analyticsエネルギー分析部門長・マネージャー
トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団理事長
飯田 哲也 環境エネルギー政策研究所所長
エリック・マーティノー 環境エネルギー政策研究所 研究部長
安田 將人(やすだ まさと) 経済産業省
梶山 恵司(かじやま ひさし) 富士通総研 経済研究所 主任研究員
15:50~16:00
閉会の挨拶
飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長
16:00~16:30
記者会見

海外招聘者

Dr. Dorte Fouquet (European Renewable Energies Federation (EREF) / Lawyer)
Dr.-ing. Dipl. Phys. Martin Pehnt (Physicist and energy engineer, head of the department "Energy" and procurist at the Institute for Energy and Environmental Research, Heidelberg.)
Mr. Toby D. Couture (Director of Energy Analysis, E3 Analytics, London UK & Canada: Lead consultant and manager of energy analysis)
プログラムのPDFファイルはこちらよりダウンロード下さい。
海外招聘者の経歴はこちらを参照下さい。

お問い合わせ

一般財団法人 自然エネルギー財団
担当:真野  事務局:近藤、久米
〒105-0021 東京都港区東新橋2-18-3 ルネパルティーレ汐留3F
TEL: 03-6895-1020 / FAX: 03-6895-1021 E-mail: info※renewable-ei.org(※を@に変更して送信下さい)